菩提心・・・山田無文・・・その2


本来の純粋な人間に戻れば、
生活は自然に生まれ、動き、生きていける。
東洋は農耕の民であり、
自然の中で米や麦を育て、
どうしたら米が、麦が育ってくれるのかと
相手の身になって育ててきた。
この心が非我に生きる心です。
“自我を捨ててこそ初めて開ける道”である。

d0172719_1414768.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-06-17 14:02 | 菩提心
<< 一光を照らす・・・桂枝加朮附湯 『看』に込められた意味 >>