菩提心・・・山田無文・・・その5


“親鸞は、
父母の孝養のためとて、一遍にても念仏まうしたること いまださうらわず、
そのゆへは、一切の有情はみなもて 世々生々父母兄弟なり。
いづれもいづれも
この順次 生に仏になりてたすけそいらふべきなり”
『歎異抄』の精神。
d0172719_1902749.jpg


[PR]
by ootsukawa | 2010-06-28 18:57 | 菩提心
<< 心を傾けて聴く 地域の中で・・・ >>