カテゴリ:未分類( 36 )

「自分」へのテーマ


私は いろいろな観点から
「やり残していることはないだろうか?」と
考えることにしています。

仕事だけではなく、自分を全部見渡し、
「自分」へのテーマを見つけて
解決してゆく・・・・・・
手応えのある、生き甲斐のある
50代~90代であるために…
d0172719_3421431.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-09-28 18:32

回想法…2


以前より私はこの施設で「回想法」を取り入れて欲しいと
言っておりましたが、
今回、初めて職員が入所時にまとめてくれました。
話の細かなところまで良く記録してくれたと思います。
なかなか Aさんは話好きで・・・
このような話題を通して この方に関わってゆけば
良い関わり方が出来るのではないかと思います。

d0172719_13463329.jpg




初夏に川口先生が1Fの窓へネットを張って育てたゴーヤです。
今年の夏はたくさん収穫できました。
入所者の皆さんには看護師さんが「おかか和え」「味噌和え」と
いろいろなゴーヤ料理を作ってきてくれました。

[PR]
by ootsukawa | 2010-09-15 18:31

チームでの役割

先日 サッカー観戦をしていて思った・・・私たちの仕事も 同じ。
入所者のADL向上に向けて 
それぞれのポジションで、
それぞれが出来ることは何か。
d0172719_2105794.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-08-16 18:40

土産に


6月の末、職員の結婚式で、富士川クラフトパークに出かけていった。
その帰り、めでたい日の記念に何か土産でも買ってゆこうと思った。
そこに ちょうど肌触りがよく、使い心地の良い円座があったので、
褥瘡の除圧クッションとして5個買って帰ることにした。
施設へ戻ると あっという間に円座は使われ出している。
これでは足りないかなと 追加をまた5個注文した。

円座を見かける度に、彼らの結婚式を思い出すことだろう。


*円座について・・・山梨県の地場産業「吉田の織物」で作られたドーナッツ型のクッション。
富士川クラフトパーク




d0172719_20412225.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-07-16 20:42

心に触れる音・・・


今、「施設の生活の中に 音楽をとりいれてゆかないか。」と
話を持ちかけているところである。
音楽と言っても 色々なジャンルがあるし、
それぞれの好みも違うことだろう。
しかし、その人に合う音楽に出会えるきっかけを作れたら…
その人の世界観が変わってくるかもしれない…
そう思うのである。
ついこの間、担当者会議で家族から
「2歳になる 曾孫を連れてくると いつもは何も言わないのに “かわいい”と言うんですよ。」と話してくれた。
…幼子の声……ハッと思った。
…クラッシックでなくとも、有名な歌手でなくとも、
その人の 心の琴線に触れる音が、
その人を癒してくれる音なのだと…

ps.森川めぐみ著 「いのちと音楽がふれあうとき」より
心理学者であるシュタイナーは次のように述べています。“メロディーは頭脳に、ハーモニーは呼吸に作用し、リズムは手足の運動や血液の循環、物質代謝を左右する。そして病気というのはこの3つ乱調から起こる。”
 近年、病人は全人的痛み(トータルペイン)すなわち全身的痛み、社会的痛み、精神的痛み、霊的痛みを抱えており、それらが相互に作用し合い、痛みを増幅させたり、和らげたりするのではないかと考えられています。そういうわけで痛みを抱えている病人を全体的に捉え、様々な側面からアプローチしながら理解し、ケアする必要があると思っています。(いのち)と音楽がふれあう世界は確かにあって、そこから思いがけない豊かなものが流れてゆくと・・・
d0172719_1712285.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-07-02 17:40

心を傾けて聴く


高齢者ケアのひとつとして『回想法』というものがある。
高齢者が自分自身の人生を振り返り、語り合う…
その楽しいひとときが『心理的介護』として必要なのだと思う。
介護のコミュニケーション能力を高め、
「きっかけ」を掴めれば、
気持ちを共有することが出来る。
そしてそれは更に、
利用者本人と家族とを結ぶ貴重な時間にもなるだろう。

d0172719_17594711.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-07-01 18:02

地域の中で・・・


私の村の区長より
「この村のお年寄りに独り暮らしの人が多くなってきている。
この人達の健康管理を 地域の中で考えてゆきたい。
そのために、月に一回でも公会堂に集まって
お茶でも飲みながら 野菜なんかを持ち寄ったりして、
健康相談をやりたいのだけれど 協力をしてもらえないだろうか?」
との事だった。
団塊の世代の高齢化が始まる…
これから村の衆に『健康』のキーワードで集まってもらい、
私も喜んで参加させてもらうという事を了解した。

d0172719_1842043.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-06-27 18:33

『みいしみろし』


『みいしみろし』
甲州の方言なのだが
子どもの頃から よく言われ、
それなりに受け止めてきた言葉である。

「心をひきしめてしっかりやりなさい。」という意味合いになるだろう。
他の言葉には 代えにくい。

しかも
「みいしみろ!」ではない、
「みいしみろし」・・・なのである。
d0172719_7151270.jpg


[PR]
by ootsukawa | 2010-06-25 22:24

代わってやれるものならば・・・


“代わってやれるものならば代わってやりたい・・・
しかしなぁ、物事には代わってやれる事と代わってやれないことがあるんだ。”

子の痛みを思う 母の言葉である。
d0172719_16203265.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-06-22 17:35

『看』に込められた意味


『おみとり』とは『お看とり』と書きます。
『看』の漢字の中には“手”と“目”が入っています。
私はこれに、とても深い意味があると思うのです。
目で見て、手で触って、さらに言葉をかけてあげて・・・
人の触れ合いを通し、入所者からいろいろな情報(サイン)をもらって下さい。

今、この施設で ターミナルケアについて話し合いをしているところです。
職員もターミナルケアについて勉強をしておいてください。

d0172719_20365649.jpg

[PR]
by ootsukawa | 2010-06-16 20:18