地域の中で・・・


私の村の区長より
「この村のお年寄りに独り暮らしの人が多くなってきている。
この人達の健康管理を 地域の中で考えてゆきたい。
そのために、月に一回でも公会堂に集まって
お茶でも飲みながら 野菜なんかを持ち寄ったりして、
健康相談をやりたいのだけれど 協力をしてもらえないだろうか?」
との事だった。
団塊の世代の高齢化が始まる…
これから村の衆に『健康』のキーワードで集まってもらい、
私も喜んで参加させてもらうという事を了解した。

d0172719_1842043.jpg

[PR]
# by ootsukawa | 2010-06-27 18:33

『みいしみろし』


『みいしみろし』
甲州の方言なのだが
子どもの頃から よく言われ、
それなりに受け止めてきた言葉である。

「心をひきしめてしっかりやりなさい。」という意味合いになるだろう。
他の言葉には 代えにくい。

しかも
「みいしみろ!」ではない、
「みいしみろし」・・・なのである。
d0172719_7151270.jpg


[PR]
# by ootsukawa | 2010-06-25 22:24

菩提心・・・山田無文・・・その4


庭を見れば完全に自分を忘れて庭とひとつになってしまう。
花を見れば花と一つになる三昧の習性を身につける事、
忘我の習慣。
自分を忘れるくせをつける。
芸事はいつも忘我の境地で芸をする。
“名月や 池をめぐりて 夜もすがら” の境地。
d0172719_6564920.jpg

 季節の花300
[PR]
# by ootsukawa | 2010-06-24 22:32 | 菩提心

代わってやれるものならば・・・


“代わってやれるものならば代わってやりたい・・・
しかしなぁ、物事には代わってやれる事と代わってやれないことがあるんだ。”

子の痛みを思う 母の言葉である。
d0172719_16203265.jpg

[PR]
# by ootsukawa | 2010-06-22 17:35

菩提心・・・山田無文・・・その3


“般若心経”の“色は即ち是空にして、空は即ち是れ色なり”とある。
“眼・耳・鼻・舌・身・意”と、
外の世界の“色・声・香・味・触・法”
・・・色と声と香りと味と触れられるものと思われるものと・・・
主観と客観は別のものではない、
一つなんだと述べている。

d0172719_16114658.jpg

[PR]
# by ootsukawa | 2010-06-21 17:40 | 菩提心